外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】イラン核問題をめぐるウィーンでの協議で欧米など6カ国とイランが、交渉期限の24日に「枠組み合意」を結び、最終合意に向けた交渉を再延長する方向で調整していることが22日、分かった。枠組み合意はイランがウラン濃縮の制限などを行うのに対応して、欧米が制裁を段階的に解除することが柱になる見通し。交渉関係者が共同通信に明らかにした。

共同通信