外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】AP通信によると、国際原子力機関(IAEA)理事国の外交筋2人が4日、イランで4月に起きた2度の地震の影響で、南部にある同国初の原子力発電所、ブシェール原発の施設の少なくとも一カ所に長さ数メートルのひびが入っていることを示す情報があると証言。ひびが入っているのは、原子炉の炉心周辺ではないとしているが、他にも被害がある可能性は否定できないという。IAEAの5月の報告書によると、同原発は稼働していない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信