外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】イランのロウハニ大統領は24日、国連総会一般討論で演説し、欧米との核協議の打開に意欲を示した。フランスのオランド大統領と会談し、イラン核開発疑惑やシリア内戦について意見交換した。ロウハニ師と欧米首脳の会談は初めて。欧米への外交攻勢がスタートした。ニューヨーク入りしているオバマ米大統領との接触があるのではないかとの見方もあったが、イラン側が国内事情を理由に断り、実現しなかった。

共同通信