世界の出来事

 【テヘラン共同】核兵器開発疑惑に伴う経済制裁が昨年1月に解除されたイランで19日、大統領選が行われる。欧米との協調を重視し核開発の制限を受け入れた穏健派の現職ロウハニ大統領(68)の支持が伸び悩み、選挙戦の終盤情勢は予想外の接戦に。反米を掲げる保守強硬派のライシ前検事総長(56)が猛追、事実上の一騎打ちとなる。

共同通信

 世界の出来事