外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン、ブリュッセル、ウィーン共同】欧米など6カ国とイランが昨年11月に合意したイラン核問題の包括解決に向けた第1段階の措置(共同行動計画)の履行が20日、始まった。イランは軍事転用が懸念される濃縮度約20%のウランの製造を凍結し、国際原子力機関(IAEA)が確認した。欧州連合(EU)は同日、ブリュッセルでの外相理事会で対イラン制裁の一部停止を正式に決め、即日発効させた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信