外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の定例理事会(日米など35カ国)は27日、9月に存在が発覚したイラン第2のウラン濃縮施設の建設停止などを求める国連安全保障理事会の5常任理事国とドイツの決議案を、イランと関係が深いロシアと中国を含む賛成多数で採択した。決議はイランに施設建設の即時停止やIAEAの保障措置(査察)義務の順守、未申告の核施設がほかに存在しないとの保証などを求める内容。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信