外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】イラン核問題の包括解決を目指す欧米など6カ国とイランは24日、交渉期限の同日中の最終合意を断念、交渉を来年6月30日まで再延長することを決めた。交渉関係者が共同通信に明らかにした。イランによるウラン濃縮に制限をかける期間や規模などをめぐる対立を解消できず、目指していた枠組み合意もまとまらなかった。

共同通信