外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同=久下和宏】イランの次期大統領に就任することが決まった保守穏健派のロウハニ最高安全保障委員会元事務局長は17日午後、テヘランで大統領選当選後初の記者会見を開き、「国際社会と建設的な関係を追求する」方針を表明。欧米などと対立している核開発問題について、「計画をより透明な形で示す用意がある」と述べた。核交渉について、イランがこれまで取ってきた強硬姿勢の転換に意欲を示した発言。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信