外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】1988年にペルシャ湾で米艦が戦闘機と誤認したイラン民間旅客機をミサイルで撃墜し、乗客乗員290人が死亡した事件から30年となった3日、現場海域で追悼式典が催された。トランプ米政権のイラン核合意離脱表明に伴う両国の緊張激化の中、遺族は偶発的な衝突の再発を恐れている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信