ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イラン油田、国際帝石が入札検討

 【テヘラン共同】2010年に日本が米国の制裁強化を受けて撤退した中東最大級のイラン南西部アザデガン油田の開発で、当時権益を持っていた国際石油開発帝石(INPEX)が、海外石油大手主導のコンソーシアム(企業連合)に加わる形で国際競争入札への参加の検討を始めたことが16日、分かった。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。