外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン、ニューヨーク共同】イラン石油省は15日、原油価格の下支えに向け増産凍結を協議するためサウジアラビアなど主要産油国が17日にカタールの首都ドーハで開く会合に、ザンギャネ石油相が出席しないことを明らかにした。代わりにイランの石油輸出国機構(OPEC)担当者を派遣するという。国営イラン通信が伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信