外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】イランのアハマディネジャド大統領は1日、国営イラン放送を通じ、ウラン濃縮施設10カ所の新設計画について「技術的に不可能だとする指摘があるが、イランは有言実行だ」と述べ、核兵器開発につながる恐れのあるウラン濃縮活動の拡大に強い意欲を示した。欧米が検討する新たな経済制裁を回避するため、対決姿勢を抑えていた大統領は、従来の主張を再び展開し、強硬姿勢復活を印象付けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信