外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は8日、イラン核問題報告書をまとめ、同国が核兵器に用いられる高性能爆薬など核開発に向けさまざまな実験を行ってきたとみられると指摘した。報告書は、IAEAによるイランの核兵器開発疑惑に関するこれまでで最も詳細な情報開示で、活動は現在も進行中の可能性があるという。イランの核開発の疑惑が一層深まった形で、米国や欧州諸国とのさらなる対立は必至。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信