外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】イランのナジャフィ国際原子力機関(IAEA)担当大使は29日、欧米など6カ国との間で合意したウラン濃縮活動の制限を含む「共同行動計画」について、今年末か来年初めに履行を始めるとの見通しを示した。IAEA定例理事会に伴う記者会見で語った。

共同通信