外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】イランは11日、テヘランでの国際原子力機関(IAEA)との実務協議で、一部核施設への査察拡大を認め、核問題解決へ一歩踏み出す姿勢を示した。だが、核兵器用の高性能爆薬の実験をした疑いのあるパルチン軍事施設の査察は認めないなど、核心部分では譲歩していない。核兵器開発疑惑の解明には依然難題が多い。

共同通信