外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】イランが製造した濃縮度約20%のウランを核燃料に転換するための作業を再開したことが11日までに分かった。外交筋が明らかにした。3月初めの国際原子力機関(IAEA)定例理事会に向け、同国の核兵器開発疑惑に対する国際社会の懸念を和らげ、決議などを回避する思惑があるとみられる。外交筋によると、イランはイスファハンの核燃料製造工場で昨年末ごろ、転換作業を再開した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信