ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イラン、穏健派ロウハニ師優勢

 【テヘラン共同】イラン大統領選は14日夜(日本時間15日未明)に投票が締め切られ、ナッジャル内相が15日発表した中間開票結果によると、保守穏健派で改革派の支持も受けたロウハニ最高安全保障委員会元事務局長(64)が、有効投票約83万票のうち約40万票を得票、約13万票の保守強硬派ガリバフ・テヘラン市長(51)らを大きくリードした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。