外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】1979年の米大使館人質事件で、立てこもった学生らの広報担当者だったイランのエブテカール副大統領(女性・家族問題担当)が2日、共同通信と単独会見。事件は米国との断交のきっかけになったが「今は国家が共通利益のために、因縁の対立を乗り越える時代だ」と述べ、イランを敵視するトランプ米政権に深い懸念を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信