外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】2015年にイランと欧米などが結んだ核合意の意義を認めない方針をトランプ米大統領が宣言したことを受け、イラン穏健派ロウハニ政権は14日までに、合意維持に全力を挙げ、今後の米側の対応によっては核開発計画再開などの報復措置も辞さない構えを示した。既に険悪化していた両国関係は緊張の一途をたどっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信