ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イラン、遠心分離機の設置完了

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は16日、イラン核問題報告書をまとめ、同国が中部フォルドゥの地下核施設に設置したウラン製造用の遠心分離機について、8月時点の2140基から約2800基に増加したと明らかにした。同施設は2009年に存在が判明。イランは当初から遠心分離機の拡充を表明しており、これで設置が完了したことになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。