外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】欧米など6カ国との核協議のためジュネーブ入りしたイランのザリフ外相は14日、記者団に対し、同国の核兵器開発疑惑解消に向けて「最初の措置を1~2カ月以内」に取る用意があると表明した。15日から2日間の日程で始まる同協議で具体的な内容を提案する。ザリフ氏は、協議の見通しについて「悲観していない」と述べ、交渉の短期決着を目指す方針をあらためて強調した。

共同通信