外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 イルカ漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」の舞台になり、反捕鯨団体との対立が続く和歌山県太地町の公民館で2日、イルカ漁の是非をめぐる町と団体側との間の初めての意見交換会が開かれた。歩み寄りは見られなかった。団体側は「伝統や文化は理解しているが、長く続いているから正しいとは限らない」と主張。町側は「捕鯨は生活の糧。地域の食文化について、必要に応じ理解を求めていきたい」と応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信