ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イレッサ、国や輸入元に責任なし

 肺がん治療薬「イレッサ」の重大な副作用の危険を知りながら適切な対応を怠ったとして、患者2人の遺族2人が国と輸入販売元の製薬会社アストラゼネカに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷は2日、国への請求について遺族側の上告を受理しない決定をした。国の賠償責任を認めず、遺族側逆転敗訴とした二審東京高裁判決が確定した。ア社への請求については上告を受理したが、弁論を経ておらず二審判断が維持される見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。