外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 職務で得た未公表情報を基に株のインサイダー取引をしたとして、金融商品取引法違反罪に問われた元経済産業省資源エネルギー庁次長木村雅昭被告(54)に東京地裁は28日、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金100万円、追徴金約1千万円の判決を言い渡した。木村被告は無罪を主張していた。事件では、株取引の前に、複数のメディアが事前報道し、それが未公表情報に当たるかどうかが争点になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信