外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】22日付のインド紙ヒンドゥスタン・タイムズは、昨年殺害された国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者を題材にした映画の撮影を、アカデミー賞監督のキャスリン・ビグロー氏がインドで予定していると報じた。治安が不安定なパキスタンでの撮影ができないため、ビンラディン容疑者殺害現場となった潜伏先の同国アボタバードと地形や風景が似たインド北部が選ばれたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信