ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

インドでプライバシー認定

 【ニューデリー共同】インド最高裁が“同国版マイナンバー制度”を巡る訴訟で、プライバシーは憲法で保障される「基本的権利」とする同国初の判断を示した。性的指向や、ヒンズー教が神聖視する牛を食べる選択などを「国家から干渉を受けない権利」とし、歓迎の声が上がる。ただ、制度の妥当性に関しては判断を示さず、政府の今後の対応が注目される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。