外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ムンバイ共同】インド中部マディヤプラデシュ州の寺院で13日朝に発生した転倒事故で、死者数が14日までに、少なくとも110人に達した。地元紙タイムズ・オブ・インディアが報じた。寺院に行くために利用される橋で参拝客らが混乱状態になり、折り重なって倒れ圧死者が続出したが、当局は川に落ちた人も多数いるとみている。負傷者も100人を超え、重傷者が多いため、さらに死者数が増える可能性がある。

共同通信