外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】インド政府は同国での販売価格が1750ルピー(約2700円)と「世界最低価格」のノートパソコンを開発し、5日、端末を公開した。大学などに納入、教育補助機器として普及を推進し、情報技術(IT)大国の底上げを狙う。公開されたパソコンは「アーカシュ(ヒンディー語で「空」の意味)」。インド政府やインド工科大ラジャスタン校が英国の「データウインド」社と共同開発した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信