外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国立感染症研究所は1日、全国約5千の定点医療機関から1月21~27日の1週間に報告されたインフルエンザ患者数が1機関当たり36・44人となり、警報レベルの目安となる30人を超えたと発表した。この1週間で全国の医療機関を受診した患者は推計約214万人に上った。すべての都道府県で前週から患者数が増加した。1機関当たりの患者数が最も多いのは新潟(53・81人)で、次いで千葉(53・22人)などの順。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信