外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県取手市の取手北相馬保健医療センター医師会病院は28日、入院患者25人と職員32人がインフルエンザに集団感染し、うち入院していた90代の男女2人が死亡したと発表した。57人は20~28日に発症。男女2人は発熱などがあったため23~24日に検査した結果、インフルエンザB型の陽性反応が出た。その後、薬を投与されたが男性は25日に心不全、女性は26日に誤嚥性肺炎でそれぞれ亡くなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信