外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は16日、全国約5千の定点医療機関から報告された5~11日の1週間のインフルエンザ患者数が5447人になったと発表した。1医療機関当たりの患者報告数は1・11人で、全国的な流行入りの目安とされる1・00人を今冬、初めて上回り、流行シーズンが始まった。この時期の流行入りは平年並み。厚労省はマスクの着用や、「せきエチケット」の励行、外出後の手洗い、ワクチン接種など予防対策を呼び掛けている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信