ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ウィーンの大名屋敷模型を修復

 【ウィーン共同】ウィーンのハプスブルク家の王宮内にある民族学博物館の倉庫で、明治政府が1873年のウィーン万博に出品した大名屋敷の木造模型が見つかり、博物館は22日までに修復することを決めた。2016年ごろに開く日本常設展の目玉として、約140年ぶりに一般公開する。修復に関するノウハウを持つ京都工芸繊維大が作業に協力する。ウィーン万博には、日本政府が貿易による産業振興を目指し、初参加した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。