外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】中央アジア・キルギスの首都ビシケクにある中国大使館を狙った自爆テロについて、キルギス国家安全保障委員会は6日、ウイグル独立派組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」メンバーによる犯行だったと発表した。インタファクス通信などが伝えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信