外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ウイルス学者で、西南日本に多い成人T細胞白血病(ATL)の原因がウイルスであることを明らかにした京都大名誉教授の日沼頼夫(ひぬま・よりお)氏が4日午後4時14分、肝細胞がんのため京都市の病院で死去した。90歳。秋田県出身。自宅は京都市。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信