外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【キエフ共同】ウクライナ和平を目指しドイツとフランスが仲介した24日のウクライナ、ロシアとの4カ国外相会談では、議論は平行線をたどった。前線の戦闘は縮小しているが、相互不信もあり重火器撤去は進まない。拠点の港湾都市マリウポリをめぐる攻防もくすぶり、停戦を再び揺るがす懸念も出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信