外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ウクライナ憲法裁判所は1日、04年の政変「オレンジ革命」の際に可決され大統領権限を大幅に同国最高会議(議会)に委譲した憲法改正を「違憲」とし無効とする決定を公表した。インタファクス通信が伝えた。決定は、大統領に権限が集中する改正前の憲法の効力が復活したとしている。決定は9月30日付。異議申し立てを認めず、即日発効した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信