外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】インタファクス通信によると、ロシアとの天然ガス取引をめぐる職権乱用罪で実刑判決を受け服役しているウクライナのティモシェンコ前首相が、96年に起きた実業家の殺害に関与したとして、20日までに殺人罪で起訴された。前首相側は関与を否定している。検事総長は有罪なら終身刑の可能性があると指摘。新たな起訴については、15年の大統領選まで前首相の収監継続を狙う政権側の政治的意図が指摘されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信