外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ウクライナ東部の紛争収拾を目指すロシア、ウクライナ、ドイツ、フランス各国の外相会談が12日、ベルリンで開かれた。親ロシア派支配地域への大幅な自治権付与など、2月の和平合意の履行をめぐり、親ロ派の後ろ盾であるロシアと、ウクライナとの対立が解けず議論は平行線をたどった。年末の和平合意の履行期限を控え、ロシアと欧米の攻防は重要な局面を迎えた。

共同通信