外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】キリスト教東方正教会の最高権威とされるコンスタンチノープル総主教庁(トルコ・イスタンブール)は13日までに、ロシア正教会が管轄下に置いてきたウクライナ正教会の独立を事実上認める決定をした。ロシア正教会は猛反発。2014年のロシアによるウクライナ南部クリミア半島の編入以降、極度に悪化したロシアとウクライナの関係は宗教対立にまで発展した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信