外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は20日、ウクライナ東部の紛争による4月中旬以降の死者が今月18日時点で少なくとも4317人に上ったと明らかにした。負傷者は9921人。9月5日にウクライナ政府軍と親ロシア派武装集団の停戦合意が成立した後も、死者、負傷者ともに増加し続けている。

共同通信