外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体を構成する大半の組織や臓器の細胞に変化する能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)をウシの体細胞から作ることに成功したと、京都大などのチームが19日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

共同通信