外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】治安機関を使った強権支配で中央アジアのウズベキスタンにソ連時代末期から約27年にわたって君臨し続けたイスラム・カリモフ大統領(78)が2日、脳卒中のため首都タシケントで死去した。同国政府が発表した。敵対するイスラム過激派を力で封じ込めてきたカリモフ氏の死去で過激派が勢いづくのは確実とみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信