外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】新華社電によると、浙江省杭州市の当局は6日、市内の商店で売られていたウズラから鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)が検出されたと明らかにした。同市で確認された感染者が発症前、この商店で買ったウズラを食べていた。商店はウズラを生きた状態で売っていた。当局は生きた鳥の販売をやめさせ、残りの鳥を殺処分とした。江蘇省南京市は市内の複数の市場で生きた鳥の販売を当面取りやめると発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信