ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ウナギ、マリンスノー食べて育つ

 海洋研究開発機構などのチームは、天然ウナギの幼生が「マリンスノー」と呼ばれる主にプランクトンの死骸の破片などからできた沈降物を食べて育っていることを確認したと、7日付の英科学誌に発表した。これまで自然界の幼生が何を食べて育っているのか、複数の説があったが謎に包まれていた。海洋機構の大河内直彦プログラムディレクターは「卵から育てる完全養殖技術を確立するため、効率的な餌の開発に役立つ」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。