外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】カザフスタンで開かれたイラン核問題の協議で、欧米など6カ国側がイランに対して行った新提案の内容が27日、明らかになった。イランが進めるウラン濃縮の中止に向け、これまでより柔軟な段階的対応を求める一方で、経済制裁のうち金など貴金属と石油化学製品の禁輸措置を除外することが柱。協議に関与している欧州の外交筋が明らかにした。同筋は「実質的討議に進む可能性が出てきた」と期待感を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信