【ニューヨーク共同】米配車大手ウーバー・テクノロジーズの運転手が、同社との雇用関係確認を求めた集団訴訟が22日までにカリフォルニア州の連邦地裁で和解した。ウーバーは最大1億ドル(約111億円)の和解金を支払う。ただ運転手はこれまで通り個人事業主とされ、ウーバーの従業員とはみなされない。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。