外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 下水を処理する過程で出る汚泥から水素をつくり、「究極のエコカー」と言われる燃料電池車に供給する施設が福岡市中央区の中部水処理センターに完成し、31日から稼働を始めた。国土交通省によると、世界初の試み。従来は捨てられていた汚泥を有効活用、燃料電池車の普及を後押しして温室効果ガスの排出削減につなげる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信