外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の日本国内委員会は12日、人と自然の共生を図る生物圏保存地域(エコパーク)に、群馬、新潟両県の利根川源流域「みなかみ」と、大分、宮崎両県にまたがる山岳地帯「祖母・傾・大崩」を推薦することを決めた。9月に推薦書を提出する。登録の可否は来年5~7月にフランスで開かれるユネスコの会合で審査される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信