外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】大相撲初のアフリカ大陸出身力士、大砂嵐関(24)=本名アブデルラフマン・シャーラン=の母国エジプトの首都カイロで3日、相撲大会「大砂嵐杯」が開催された。約3年ぶりに帰国中の大砂嵐関が、現地に滞在する日本人やエジプト人の子どもたちと相撲を楽しんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信