外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプトのイスラム勢力が起草を主導した新憲法案の是非を問う国民投票は15日深夜(日本時間16日早朝)、地域別の1回目の投票が終わり即日開票され、主要紙アルアハラム(電子版)の非公式集計によると、賛成票が56・5%、反対が43・5%。公式結果は22日の2回目投票後に発表される。2回目投票は保守的で賛成派が優勢とみられる農村部が多く、予定通り実施されれば新憲法案は賛成多数で承認される公算が大きい。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信